botiboti-botibotiよっこらしょ♪

アクセスカウンタ

zoom RSS 新年早々にこんな話で申し訳なく…(-_-;)

<<   作成日時 : 2014/01/05 18:25   >>

驚いた ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 4

またまた母の愚痴でして…

年明け早々によろしくないなぁとご不快に思われる方は
どうぞスルーして下さい。

2日に私がホームセンターに用事が有るからちょっと行く。
と言うと「連れて行って。」と言い出した母。
閉店間際のお店へ。
もう時間がないから、買い物もゆっくり出来ないから(付いて来るのは止めとけよー的な言い方で)と、言ったのに、強引に連れて行かされた。
「もう閉まる時間だからちゃっちゃと買い物済ませなくちゃいけないよ。」
と言う私の注意にテンパったのか…
すっかり、待ち合わせ場所を決めた事すら忘れてしまっていた様子。
待ち合わせに決めた「入口付近」に店も閉まろうかというのにいつまで経っても現れない母を店内探し回った。が、居ない。
どこや!?
と息子を待ち合わせ場所に残し、もしかしてと車へ行くと、居たよ。
結構外での待ち時間が長かったらしく既にかなり立腹している。
そして戻った私を見て
「どこ行っとったん!!??普通親切な子やったら車で待っとるで
とわめき立て始めた。
いくら私と息子が「入口で待ち合わせって言ってたのに!」と言っても
「そんなん聞いてない」と大騒ぎする
とにかく帰らなアカンし車に乗せて…
しかしわめき続ける母。

私はいつもの事やしまぁ無視。
としていても、まだ20年しか付き合いの無い、そしてもうすっかり一人前に成人した息子は、祖母の不条理さが我慢ならず口ごたえしちゃったんだよね。
そしてバトル状態に
しかし相手は老体。
若い男子が手を出しては大事になると息子も分かっているから一方的に殴られ、
彼は言葉で攻める的なバトル状態で母の家に辿り着いた。
その降り際に母、

「みとれよ、ぶっ殺したる

の捨て台詞を吐いてやっとお引き取り(-_-;)

それから帰宅した私たち。
自宅へ、母から、まず固定電話へTELが。
どうせ罵声浴びせ続けられるだけと分かっている息子がすぐに切り、即、着拒設定をした。
固定電話ではつながらないと渡った母は、家族各人の携帯を次々と鳴らす。
しかし誰も取らない、
と簡易留守電に悪口雑言メッセージが録音され続ける。

暫くして電話来なくなったと思ったら…
窓をドンドンドンドン!!!と叩きまくり怒鳴り続ける声が…
家の四方の窓を順繰りに叩きまくっている!!!
ガラス割られたら大変と息子がシャッターを下ろした。
そして暫くして静かになったが…

息子も怒り心頭だし私も過去の経験からもう揉め続けるのも大概や…と、正直とてもメンドーに思い、家族相談の上、

今回は警察に頼ろう。

となり、あかしけいさつへ電話をし、事情を説明。
「親族間の揉め事ですみません<m(__)m>」と平謝りしながら…
しかし
「よく有ることですから、良いですよ。おばあちゃんの自宅訪ねて様子見に行きます」
とお巡りさんが行ってくれた。

で、その結果の電話を、行って下さった派出所のお巡りさんから頂けた。
「そんな事言うたらアカンで。とちょっと言っといたから」と柔らかいご報告が有った。

そして、その後しばらくして、母のマンション(以前私たちが住んでいたマンションですが)に居る私の友人からTELが

「もう大丈夫?」が第一声
「もしかして母行った??」
「うん、まぁ、うちは良いんやけど…
包丁持って出る前にはうちにお出でよー、と言っといたからね」
「・・・ほんまにごめんな、こんな時間(22:00前)に、巻き込んで…ゆっくり休んどったんやろ?」
と、もう、平謝り。
「うん、まぁ、黙っとこかとも思ったけど、知ってる方が良いやろ思うから、うちへ来たら報告するようにするね」
と協力的に優しいお言葉を頂きました。
「いろいろ以前から聞いていたから…まぁ、納得したけど」
そう、私が常々ちょいと口に出す母のことを知っていたので、『あぁ、これかー』程度の驚きで済んだとの事。

しかし、こんな人間だから全く話を聞いてくれる人が居なくて(弟妹からも縁切られている)、とにかくだれでも良かったんでしょう。私の友人宅へ押しかけるとは・・・・
それも、もう休むであろうような夜半に、人の迷惑も何も感じ取ることの出来ない人間です。

そして、その直後にまた携帯へ留守電攻撃が。
「警察に言う事か!!??」
と言う内容。
まぁ、それは当然言ってくるとは想定内。

まぁ、2度程ずつ家人3人の留守電メッセージを録音して落ち着いていたが…
夜中2時頃かな?二度ほどまた私の携帯に留守メッセージが入っていた。

内容「明日朝に3人(母・私・息子)で一緒に警察へ行って話しよう。今日包丁を持って出たことも来たお巡りさんによーく言っといたから、明日、K(息子)は檻の中に入れてもらうようにしよ。そうしたら、少しは賢くなるやろ!?」
wwwwwww

自分でお巡りさんに「凶器保持して娘宅へ押しかけて行って騒ぎ続けてやった」旨話したらしいわ(^_^;)
そりゃー…事後TEL報告でのお巡りさんの口に出しにくそうな、言葉を選ぶような話し方、納得いったわ。「たしなめといた」的な言い方をされていたのも。
要するに、母を叱ってくれたと言う事やったようで、、、
その状態で警察に当事者3人で行って、話して、そうして、どうしたら、被害者的立場のうちの家族が収監される、という考えに及ぶのか!?\(◎o◎)/!
どちらかと言うと、凶器保持して脅しに行った自分が逮捕される。とは思いはしなかったんやろうか??!!

まぁ、そのTELで接触は最後になっていて、昨日今日とは静かにしてくれているけど…

沢山録音されたメッセージの中に「ちゃんと縁切ろ!」という言葉も有り。

めんどーくせーけど…
子供らの為にも、きっちり家裁に申し立てしようかなぁ?!


と、とにかく、新年早々に凹む出来事でした。


こんな、人間て・・・
他にご存知の方お出ででしょうか?

私は約50年この母と付き合っていて、とにかく色んな苦労してますが…
こういう風に、不思議なヒステリーって…
普通に有る事なんでしょうか!?

私の母以外に、ここまでの人間に巡り遭ったことが無くって。
対処方法が付き合いだして半世紀経った今でさえ、まだ掴めていなくて、
困ったもんです。


どうも、新年早々ナガナガと不思議な内輪揉めの話をつらつら綴って申し訳ございません。

最後まで読んで下さった方がおいででしたら、どうもご不快な気分にさせてしまって申し訳ない事をお詫び申し上げます。


ただ、とにかく誰かに聞いといてもらわんと、どーも、私のストレスが溢れだしそうやったもんで(・。・;

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
なかなかどうして、激しいおかんですね。
ちょっと心療内科とかで診てもらったほうが。。。という心配をしてしまう私ですけど。。。。。
私の身の回りにも激しい人いますが、包丁もったりってのはないですもんねー。ちょっと度を越えてる感じが。。。
家族間のことなので、何とも言えないですけど。。。一歩間違えば、事件に発展しそうですね。。。
むっちー
2014/01/05 19:04
田のSNSでもこの日記アップしたんですが、そちらでも、精神的な病気説が上がってました。
もしかして、そうかもしれないですね(-_-;)

まぁ、結婚前の母と二人暮らしの時に、きっちりと包丁こっちに向けられた事ありますからねぇー
結婚後は泊りに来て、何に腹立てたのか、急に取っ組み合いし出して、腕を掴まれ、爪が刺さって流血しましたよー
(それも、主人が翌日手術で=命にかかわる程度のだよ、自分は手伝うつもりで泊りに来ていたらしいですが^^;)
散々人の家を荒らしまくって、夜中に飛んで帰って行きました〜

信じられない行動でしょー!?

しかし、確かに、家に火でも放たれないかと、若干心配してたりはしてるんですが…
そうなったら、言って行くと来ないですもんね(@_@;)
peeちゃん
2014/01/07 13:01
僕の母もヒステリーで
何かが気に食わないと
わめきちらしってましたが
男兄弟には言わないのです
姉2人に暴れる事はなかったですが!
精神科に姉が受診させましたら
鬱だと言われましたが
今だと違う診断だと思います。

お母さん少し心配ですね!
ミク
2014/01/28 14:03
やはり、病院へ行くべきな症状ですよね(・・;)

しかし、本人が納得しないとね(~_~;)


取敢えず、今はこの先どーしたもんか…
メチャ悩んでいます('_')

もう高齢では有るし、いつ何が有ってもおかしくない。
万一ってなってしまったらそれは大変でしょうけど、運よく助かってしまって障害が残った、とか、痴呆が出て自立出来なくなったとか…

頭痛いですわ・・・・・

本当に、もう二度と顔も見たくない位、今回はまいりましたから…
面倒見たくない(-_-;)
関わりたくもない(-_-;)

どうすれば良いんでしょうね〜
peeちゃん
2014/01/29 12:50

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
新年早々にこんな話で申し訳なく…(-_-;) botiboti-botibotiよっこらしょ♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる